メンテナンス情報

タイヤパンク応急修理

本部 2017.10.12

 

サービス本部の与那嶺です。

今回はメンテナンス情報として パンク修理キットの使用方法のご案内します。

最近の車はスペアタイヤに代わってパンク修理キットが装備されております。しかし

使用されることなく トランク内で一生を終えることもほとんどだと思います。

なるべくならパンク修理キットのお世話にはなりたくないと思うのが正直な気持ちでしょう、

しかしお世話になる時がきてもあわてないように写真でご説明します。

20プリウスを例にしました。

IMG_1

トランクのカバーを開け

最下部のケースにパンク修理キットは収納されてます

IMG_2 IMG_4

 

取り出すとこんな感じ

取扱い説明書を開封 細かく書かれてます。

 

IMG_5 IMG_6

 

ポンプ本体の蓋をあけると長い電源コード・空気を入れるホースが出てきました。

 

IMG_7

 

 

IMG_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアーバルブのキャップを外します。

IMG_9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差し込んで左に回してバルブコアを抜き取ります。

IMG_10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理キットの中にはスペアのバルブコアが入ってます。

修理剤を注入した後に使用します。取付の際は右に回し取り付け。

IMG_16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボトル振って後に注入ホースをボトルにねじ込みます。

IMG_11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理剤をタイヤ内に全て注入します。

IMG_14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプレッサーのホースをバルブにねじ込みます。右まわし

IMG_17

電源プラグをアクセサリーソケットに差し込む。

IMG_18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンキースイッチまたはボタンスイッチをACC

 

 

IMG_19

IMG_0156

運転席どあを開けたボディー側に

設定空気圧表が貼られてます

 

 

 

 

 

 

コンプレッサーのスイッチをONにする。

IMG_20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5分以内に設定空気圧にならない場合は応急修理不可能です。

トヨタの販売店にご相談ください。

 

設定空気圧まで空気を充填する。

直ちに,約10分間または約5㎞

走行する。走行後コンプレッサー

を取り付け圧力計で空気圧を確認

下のゲージの図が応急修理の設定空気圧の目安になります。

IMG_0159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急ブレーキ、急ハンドルを避けてNG

トヨタの販売店へ移動してください。

 

最後に最近の車両に装備されているパンク修理キットの写真ですNEW

ポンプ本体に装着して使用します。ポンプ作動時と同時に修理剤

を注入して完了 効率的で作業しやすくなってます。指でOK

IMG_23 - コピーIMG_24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

105 views
このページの先頭へ

Category ブログカテゴリ

Shop List 店舗別ブログ一覧

Pick Upピックアップ

Links関連リンク